2019.12.04

音楽は隠れたレストランの”スパイス”

皆さんもきっとレストランに入った時に、流れている音楽を何気なく聴いているのではないでしょうか。
実はHUGEのお店では時間ごとに、そして店舗ごとに音楽を変えています。

一例ですが、ランチタイムでは爽やかなで気分の上がるプレイリストへ。
ディナーは盛り上がるような大人っぽいアップテンポのプレイリストに。
そして深夜帯でも音楽を変えています。

時にはお客様の様子を見て、更にテンポの速い気持ちが昂る特別なプレイリストも用意しています。

どうしてHUGEではこの音楽にこだわりを持っているのか。

実はレストランで流れる音楽には、その店舗のイメージを決定づける「イメージ誘導効果」や、
お客様の気持ちを動かす「感情誘導効果」など多数の効果があると言われています。
「音楽」はお客様により良い時間を過ごしてもらうための非常に重要なエッセンスなんです。

だからこそ、HUGEではその時間にはそのお店をどういう風に楽しみに来ているお客様が多いのかを考え、
サービスや料理からだけでなく、バックで流れている何気ない音楽からもお客様に楽しんでいただく環境を作ろうとしています。

平日のランチタイムは仕事の息抜きに来ているお客様が多いからこそ、ライトでポップな曲を。
クリスマスシーズンのディナータイムは、よりデートを楽しんでもらうためにしっとりした大人っぽい曲を。
お客様の食事シーンの雰囲気を音楽からも作り出しています。

また、このプレイリスト自体も全店舗共通ではなく、
それぞれ店舗のイメージに合わせて季節が変わるごとに新しく選曲しています。

HUGEのレストランの特徴の一つは同じRIGOLETTOというブランドでも店舗ごとに特徴が違う事。
だからこそ、お客様がどういう風にそのお店で過ごしたいかも一つひとつの店舗ごとに異なるため、
音楽も変化させています。

お店の内装や料理が違うだけでなく、実は流れている音楽もそれぞれの店舗ごとに、そして時間帯ごとに。
お客様にとって最高の時間を創り出す事の追及は私たちの永遠のテーマ。
HUGEのレストランのこだわりはまだまだたくさん隠れています。

Yuzuki