2019.08.02

“出る杭は打つのではなく引き延ばす” 挑戦を後押ししよう!

皆さんはそれぞれ、何かやりたい、磨きたいと思ってレストランでの仕事に興味を持っていませんか?

「どのお客様にも寄り添い、その人に合わせたサービスを出来るウェイターになりたい」
「最高にカッコいいバーテンダーになりたい」
「感動を生み出す、皿盛りのデザートを極めたい」
「自分が作り出した一皿で、その人に幸せを届けたい」

色んな夢や目標が働く人の数だけあるのではないかなと思います。

HUGEではそんな夢や目標を応援するべく、【出る杭は打つのではなく引き延ばそう】
という精神が根付いています。

何かの夢に向かっていくためや、目標を達成するためには
まずは恐れず“チャレンジする事”が何よりも大切だと思います。

HUGEでは失敗してしまったとしても、それが夢の実現への大事な経験になる。
本気でそう思い、その人が挑戦したいと思ったことは、背中を押したいと思っています。
そのために、時には厳しい意見を伝えるシーンもあるかもしれません。

実際に私も今はHRのチームに所属をしていますが、元々はバーテンダー志望でHUGEへ入社しました。
新卒且つ、未経験でで入社しまだ入社半年でしたが、何かチャレンジしたい!という気持ちを抑えられず
カクテル用のオリジナルのシロップ(地元のほうじ茶を使ったもの)を提案しました。
グランドメニューとまではいかなかったのですが、口頭でお客様に提案するSpeciel Menuとして採用されました。
お客様の反応もそうですが、経験の浅い私の提案にも耳を傾けてくれて、一緒にチャレンジしよう!と声をかけてくれたメンバーの
気持ちが何より嬉しかったのを鮮明に覚えています。

夢や目標へのその人の前向きなエネルギーはとことん発揮してもらいたい。
その想いを、HUGE10の約束の一つ、“出る杭は打つのではなく引き延ばそう”に込めています。

Yuzuki