2019.07.22

想いの詰まった日報

HUGEでは、その日の全時間帯の営業報告を毎日日報として行っています。
ひとりひとりがその日の営業にあったこと、そして自分の気づきを書くもので、
単なる営業報告ではありません。
あの時もっとこうすべきだったのでは…!など
お客様のために、働くチームためにという想いが溢れています。
従業員向けの勉強会の1つであるサービス講習で講師もされている、
DAZZLE(銀座)のサービスマネージャー、
浅居知明さんの日報で、
私が一生忘れられない言葉があるのでご紹介します。

******************************************************************************

”明るく、元気に、笑顔で”
全部とても大切で必要なことですが、これらはあくまで手段であって目的ではない。
我々はそれを売っているのではなく、
それらと共にワインを売る、パスタを売る、ステーキ、ドルチェを売る。

だから、尋ねられた料理のことを正しく答えられる、勧めるべきワインを的確に提案する、
要望通りに会食を滞りなく進行させて満足してもらう。

それがちゃんとできないと、
笑顔は笑顔として受け入れてもらえない、
元気のよさも心地よく響かなくなる。

******************************************************************************

感じがいい、元気がいいだけではお客様には満足して頂けない。
プロとして自分の働くレストランで提供している商品を知り、
的確に伝えないと信頼してもらえない。
当たり前なのかもしれないですが、できていないことも多いのではないでしょうか。

日報は、こういった気付きがあるのも新鮮ですし、
書いている人の目線でお店がどう見えているのかを知ることもできます。
去年の今日はどんな営業だったかな?なんて、見返すのも楽しみのひとつだったりします。

またこのblogでも、HUGEの魂がこもった日報をご紹介させて頂きますね!

Satoko